本日は、榎並地域包括ケアフォーラムが開催されました。包括支援センターの取り組み紹介の後は「治さなくてよい認知症」と題してつつみクリニック堤俊仁先生の講演がありました。70歳を過ぎると認知症の発症率が上がり、95歳以上では、80%の方が認知症。ネガティヴではなくこの状況を受け入れどのようにサポートしていくかを考えることが大切とのことでした。その後は、グループワーク。地域でささえあうためにみんなでできることを話し合いました。

1

2

3

4